経営学を学んでおく

開業する職業の知識と技術だけでは物足りない

自営業を開始する時は、自分がこれから行う職業の知識と技術だけだと物足りないです。例えば、美容室を開業する時には、美容師の知識と技術がまず必要になりますがこれだけだと上手くお店を経営していくことが出来ないでしょう。たしかに、美容師としての腕が一人前だとお客さんが自然と多く来店してくれて繁盛する事もあるでしょう。しかし、いくら売上が良くても出費が多ければまったく利益が発生しないことがあります。売上と支出を細かく計算しながらお店を経営していく必要がありますよね。

また、お客さんが来ない時にどのように経営をしていけば良いのかも大事です。このように自営業は、職業に関する知識と技術だけでなくて経営に関する知識も必要でしょう。

早い段階で経営学を学んでおく

近い将来自営業を開始する場合は、早い段階で経営学を学んでおく事が重要です。経営学は、すぐに身に付けられるものでなくてある程度勉強時間が必要になります。つまり、開業する少し前から経営学を勉強しても、十分に習得出来ないまま自分の会社を経営していくことになるので経営に関しては素人同然のような状態になるでしょう。そのような状態では、初め勢いで上手く経営出来たとしても次第に上手く経営出来なくなり最終的に倒産する危険度が高くなります。

そのような事態を防ぐためにも、早く経営学を学んでいくことが必要です。また、経営学の参考書を購入するだけでなくて、セミナーに参加したり友達や知人に会社を経営している人がいたら詳しくアドバイスをもらうようにしましょう。