事業開始直後は雇う従業員の数を少数にする

人件費に対する基本的な考え方

起業して自営業を営んでいる事業主にとって、雇用に関する悩みは尽きません。人件費はその他の経費と異なり、そんなに簡単には削減することができないからです。他人を雇うということは、大げさに言えば、その人の人生にもある程度責任を負うということになります。もちろん負担するのは給与だけではなく、健康保険や年金などの社会保障にも責任が生じてきます。かといって自分一人で業務を円滑にこなしていくことは、なかなか困難なことです。そこで起業当初の雇用については必要最低限の人員に抑える必要があります。どうしても自分一人では手が回らない、もしくは専門的な知識やスキルが必要な部署に信頼できる人間を雇い、その他の部分については自らが責任を持って業務を遂行していくというスタイルが要求されます。

アルバイトやパートを効果的に配置する

業種にもよりますが、業務開始から終業直前まで同じように忙しい時間帯が続くことはあまりありません。集中的に忙しくなる時間帯や時期に効果的に人員を増強するなら、パートタイマーやアルバイトなどを活用するという方法もあります。これなら必要なときに必要な分だけの人件費を負担するだけですから、無駄が出にくくなります。また全てを自社内で完結するだけではなく、アウトソーシングなども積極的に検討していく必要もあります。自社完結を目指すと、どうしてもその分だけ人員が必要になりますし、人件費もかさみます。外注が可能な部分は思い切って外部に任せてしまうという方法も効果的です。要はどこに力をかけ、時間をかけ、費用をかけるか、という経営戦略の一環として人員配置を検討することが大切です。