複数の会社に貢献して自分の知名度を上げておく

会社員時代に専門分野で実績を上げよう

近い将来に自営業を開始したい場合には、専門性が求められる複数の会社で貢献をして、業界内で自分の知名度を上げておくことが大切です。特に、ITや金融、不動産などの業界においては、会社員としてひと通りの経験を積んだ後に独立を目指す人が少なくありませんが、開業準備を始めるうえで、様々な場面で役立つ知識や技術を身につけられる職場を選ぶことが何よりも大切です。最近では、数年の勤続経験がある中堅社員を対象に、終業後に様々な形で独立に向けたサポートを行っている会社の数も徐々に増えています。そのため、就活中に独立を目指す社員に対するサポートの有無について、各企業の求人票や公式サイトなどをもとに必要な情報を集めましょう。

在職中から人脈作りをしっかりと行おう

自営業を始めた後にコンスタントに仕事の依頼を引き受けるには、在職中から人脈づくりをしっかりと行って、自分の得意分野を上手くアピールすることが肝心です。また、独立後にフリーランスとして事務所を構えたい場合には、会社勤めを通じて業界内で需要が高まっているサービスの特徴について理解を深めたり、効果的なスキルアップの方法を探したりすることがおすすめです。一般的に、クリエイティブな分野においては、会社を辞めた後も安定収入を維持できる可能性が高いことから、将来に備えて継続して業務に必要なスキルを磨きましょう。その他、既に自営業を成功させた人の体験談を参考にして、独立前に会社勤めをする際の注意点を押さえておきましょう。

独立して事業を開業した直後は、十分な売上が立たず、苦しい時期が続くこともめずらしくありません。そんな中、資金ショートを防ぐために日々の経理で特に把握しておきたいのが、キャッシュフロー計算書です。