仕事の成果が高い従業員を評価する

従業員は評価に敏感だ

従業員は仕事をするときにモチベーションの高さで成果が変わってきます。仕事の成果が高い従業員はそれだけ高いモチベーションで仕事をしているのです。モチベーションの高さは仕事を正当に評価されていることで保たれています。しかし、正当に評価されないのであれば、従業員のモチベーションが下がります。従業員が納得する理由なく低い評価をされたら、従業員は仕事をしなくなるでしょう。従業員の気持ちを分かっていないと正当な評価をすることはできません。従業員がどのような努力をして成果を上げているかをチェックする必要があるのです。その上で正当な評価を下すことで、モチベーションが高い従業員になります。このように仕事の成果はしっかりと評価することが大事です。

評価の仕方は明確にする必要がある

従業員の評価が明確であることが大事です。「あいつよりも頑張っているのに評価されない」と思えば、仕事の成果はだんだんと下がっていきます。また、評価基準が分かりにくいと従業員は不信感を抱くようになるでしょう。不信感を一度抱いてしまうと、正当に評価されても信用できなくなります。従業員との信頼関係が崩れると、元に戻すには苦労します。頑張っても元に戻らない可能性もあるでしょう。評価基準が明確でないと、後々まで引きずる問題になることもあるのです。最初から基準を示して、それにそって評価すると宣言しておくとトラブルになりにくいです。優秀な従業員を離職させないためにも、評価基準を明確にします。そのような基準は従業員と話してから決めると、どちらも納得しやすいでしょう。

会社や個人事業主として独立する場合には、成功して事業を拡大する方向性を定めておく必要がありますが、一方で最初の数ヶ月は無収入で生活できるだけの資金を確保しておくことも忘れてはいけません。